So-net無料ブログ作成
検索選択

正しい発毛方法 HSP発毛

正しい育毛方法や発毛方法は知っている人にとってはとても簡単です。

簡単というよりも当たり前のことなので自分で発毛方法のノウハウとして意識している人は多くないと思います。

当然ですよね、無意識にやっていることには注意が向きません。

もし意識して同じことをやると、とても変な具合になるでしょう。
歩くことを考えてみますと、無意識だからこそスムーズにできるのではないですか?
まず右足、次に左足・・・などと考えていると歩けなくなります。

正しい発毛方法も同じことです。
知らない人は知らないし、知ってる人は知っている。
人に指摘されるまで自分の無意識の行為には気がつきません。

ですから正しい発毛方法と自分の日頃の無意識の行為とを比較すれば、違っているところがはっきりします。

そこを変えるだけでフサフサ髪の毛になれるわけです。
それにはもうひと押しほしいです。
機械です、ヘアレーザープレミアムといいます。



頭皮と毛根 HSP発毛

髪の毛を洗うのか頭皮を洗うのか、考えてみたことがありますか?

髪の毛にダメージを与えなくても、髪の毛より敏感な頭皮にダメージを与える洗髪方法をやってらっしゃる方が多いのです。

頭皮は皮膚ですから、古くなった頭皮は角質化して剥がれおち垢になります。
頭に発生する垢がフケです。

洗浄力の強いシャンプーを使うと、頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまい、体が頭皮の皮脂を修復するために余分の皮脂を分泌します。

繰り返すうち、洗髪しているのに以前よりも皮脂過剰な頭皮になってしまいます。

皮脂が毛根に詰まり発毛力は激減し、最悪の場合には・・・

ヘアケアスキンケア(頭皮ケア)を意識した洗髪方法が最良です。
ヘアケアやスキンケアにはレーザー機器がいいですね。
特にコレ、ヘアレーザープレミアムで間違いないです。


洗髪後のヘアケアは? HSP発毛

髪を洗った後は、すすぎの足りない場合が多いのですが、あなたはいかがですか?

シャンプーをした後は十分すすぐようにします。

シャンプーが残っていると髪の毛や地肌をいためます。

シャンプーを洗い流したらコンディショナートリートメントを髪全体に十分なじませた後、やはり髪を十分にすすぎます。

シャンプーやコンディショナー、トリートメントは髪に残さないようにしてくださいね。

乾かす時にタオルで髪の毛を包み込んでゴシゴシと髪の毛どうしをこすり合わせる方がいますが、あれはいけません。

熱くなりすぎないように注意してドライヤー乾燥させます。

水分が乾ききった後からだと髪を傷めやすいので、水分が残っているころからドライヤーを使います。

熱くなりすぎないように空気の温度に十分注意しながら行ってください。

100℃以上になると髪が傷つきます。
機械は危険でしょうか?
ヘアレーザープレミアム、これなら危険じゃないです。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。